母の脳トレ2008年02月25日 18時04分24秒

東京の情報番組を見ていたら、不意に母が言った。

「若い人達が待ち合わせするんだよね。ポチのところで」

昔、ホームページで「もんちゃんメモリ」っていうのを書いていた。母の天然ボケが巻き起こすエピソード話が売りで、大いに活用させてもらったのだが・・・。

でも最近ちょっと心配している。
うちの母親は、同年齢の人たちよりも10歳は脳が老けている・・・つまりボケているんじゃないかと。電話で聞いた伝言は忘れるし、私の話もすぐに理解できない時があるし。

ぶっちゃけ「ポチ」には笑いそうになったけど、私はそんな様子はまったく見せず、無表情のまま母を見た。
まだ60代なのに・・・ポチってさぁ~・・・あんまり残念だろ。「あ~あ・・・この先どうなるんだ」という不安いっぱいだ。なのでついつい、責め口調で言ってしまう。

私「ねぇ!!!ポチってなに?マジで言ってんの?(怒」

母「ポチだよ。ポチ!ほら・・・あそこの・・・東京の・・・ホラ」

私「どこ?!それは東京のどこにあるの?!場所を思い出せば、ポチが正しいかどうか気づくよ」

母「・・・・・・・」

私「あのさ。ポチって名前は間違いだから。それだけは言っておく。あとはよく自分で考えて思い出して!そういうのが脳トレになるんだから」

母「だって・・・いくら考えてもポチしか浮かばないんだよっ!」

努力もしないで逆ギレしてるのが余計に腹が立つ。
私が呆れて黙りこんでしまうと、あとはイヤ~な沈黙が漂い、結局、ポチはポチのままで終わってしまった。

それから3日経過。
帰宅後、台所で夕食の支度をしてる母を手伝おうと声をかけた時だった。

私「ねぇ。このお肉、焼くんでしょ?私がやる?」

母「それはこの野菜と・・・渋谷のハチ公!!!」


やられた。とうとう笑ってしまった。

わたし、負けましたわ。(上から読んでも下から読んでも・・・)

あれだね。
かるた取りの時に、全然別な方向を探して相手を油断させておいて、バシッ!て取るやつ。完璧な「ノリ突っ込み時間差攻撃(しかも3日も)」にジェラシーすら感じる。・・・無念じゃ。実に無念じゃ!

んもう~・・・子供と動物と天然ボケには、絶対勝てないわ。

ま!答えを3日間も考えてたということは、まだ脳は大丈夫ってことかね。
笑いながら夕食をこたつの上に並べていると、そこに1枚のメモが置いてあった。

「しぶや、ハチ公」

カンペーかよ。

コメント

_ トンヌラ ― 2008年02月29日 11時15分20秒

復活!素直に嬉しいです(^O^)/
うちの親父は、晩年にぼけてましたねぇ…
うちの姉(親父にとっては実の娘)の事を紹介するときに、「まぁ…親戚みたいなもんですたい…」って言ってたし(^^ゞ
その親父も、先日83才の生涯を閉じたんですけどね。
今…親父が今の自分くらいの時の写真を見たら、あきらかに老けてる…
やっぱ、色々苦労してきたんだろなぁって思っちゃいます。

_ やまだ ― 2008年02月29日 23時17分39秒

あいかわらずのおかーやんですね^^;

_ くどー ― 2008年03月01日 09時53分55秒

 始めまして。昔から拝見しておりましたが、初めてコメントさせていただきます。
 認知症は深刻な問題ですが、防ぐ事や症状の進行を遅らせる事は出来るそうです。逆に不注意な言動で進行が早まってしまう事もあるそうです。本も色々出ていますので、お読みになるとよろしいと思います。

_ もんちゃん ― 2008年03月05日 14時38分14秒

コメントどうもです。気づかなくてすみません。

トンヌラさん>
コメントの件、お知らせありがとうございました。感謝感謝です!

やまだくん>
そうなんです。信じられないほど相変わらずです。

くどーさん>
ご心配いただきありがとうございます。

トラックバック